電話で在籍が確認が行われる理由

007

普段生活している中で、突然出費がかさんでしまい現金が不足してしまう事も多くありますよね。特に冠婚葬祭などが重なってしまった時は、特に困ることが多いようですね。そんな時に便利なのが消費者金融から利用することができるキャッシングやカードローンの利用があります。

お金を借りる大技林によると返済の予定がしっかりある場合であれば、一時的に現金を借りることができるサービスとしてとても助かります。では実際に利用する場合に審査がありますが、その中に在籍確認が行われます。申し込みをした際に記載した企業で働いているかどうかを確認することで、返済能力があるかどうかを確認するために行っていいます。

実際に現金を貸し出す消費者金融側としては、しっかりと返済してもらえるかどうの確認が必要になりますよね。最初の段階で申込書を記載してもらい申請となりますが、記載されている内容に偽りがないかどうかをチェックする必要があります。

そのため電話を1本入れるだけで本当に企業に努めているかどうか確認ができるということで、在籍の確認作業が行われています。実際に依頼をした人が会社で勤めている事が分かれば、返済能力がしっかりあると判断することができ、金融業者側も安心してお金を貸すことができますよね。

お金を借りると言う事は借金するということであり、しっかり企業側と借りる側との信頼関係が重要になってくるので、そのために行われる確認作業だと理解することも大切ですね。

電話がかかってきた時に聞かれる内容

012

初めて消費者金融を利用してキャッシングやカードローンを利用する時に、やはり心配になるのは審査ですよね。利用する企業によっても確認にかかる時間などに違いはありますが、借入額が高額になればそれだけ細かく確認が行われます。

その中でも在籍確認は、勤めている企業に電話で在籍されているかどうかの確認が行われます。いつ電話がかかっているかは分からず、審査が通るかどうかを待っている側としてはやはり不安ですよね。では実際に電話がかかってきたときい聞かれる内容ですが、在籍が確認できれば問題ないので細かく何かを質問されることはありませんよ。

企業の電話番号に電話がかかってきますが、自分が会社で働いていると分かれば確認完了となります。そのため特別なにか色々と聞かれることはないので安心してよいです。また電話をかける企業側も現金の借入の内容を、わざわざ教えるようなこともしません。

あくまでもプライベートな内容になるので、もし企業で最初にでた人が別の社員であっても本人が確認できればよいので余計な事を伝えることはしませんよ。また現金の借入の申し込みをしているという内容は、やはり多くの人は会社の人に知られるのに抵抗を感じる人は多いですよね。

例えそれが正当な理由による借入だったとしても、どうしても借金をすることになるので隠したいと感じている人はいます。企業側もその点はしっかり配慮してくれるので、企業名などは言わずに担当者名だけをつたえ、申し込み者が在籍してるかの確認のみを行う配慮もしてくれます。

そのため会社に電話がかかってきて不安だと感じる人も多くいますが、不安にならずに勤めているかを確認するだけだと気軽にまつようにするとよいですよ。

在籍の確認をする際に注意すべき点

002

消費者金融が行う在籍確認は申込書に記載された企業に、本当に勤めているかどうかの確認の意味があります。これは返済能力があるかどうかを判断する為の審査のためとても重要ですが、注意点として偽りの情報を記載しないという点がありますよ。

少しでも審査が通りやすいように、見栄をはって有名な企業を記載してしまったり以前勤めていた会社を書いてしまう人もいます。ですがそれでは実際に企業に勤めているわけではいないので、在籍の確認の電話があった時点ですぐにばれてしまう嘘になりますよね。

在籍していないという事が分かってしまうと、結果として現金の借入ができなくなりますよ。見栄などは張らずに正直に勤めている企業を記載し、しっかり在籍を確認してもらうことがスムーズに審査を通るポイントにもなるので注意しておくとよいですね。

また企業に在籍している状態であっても、欠勤の日に電話がかかってきてしまった場合は再度確認が必要になります。特に週末などが休みではなく、平日に会社が休みの企業に勤めている場合は電話が繋がらないという事が起こってしまいます。

また有給などで休みを取っている場合でも、確認ができなければ再度確認が必要になってしまいます。そのため申し込みをして審査のための在籍の確認がくるまでは、急ぎの用事でない限りは有給などは取らずに会社に出勤するようにしておくようにします。また他に在籍していても休職中という場合もありますよね。

確かに企業に在籍はしていますが休職中ということで、返済能力があるかどうかの判断が難しくなります。その場合は復職しないと現金の借入は行えない場合が多いので、休職中の場合の申し込みの際は注意すると良いですよ。

コメントは受け付けていません。.